メニュー

シミ、くすみ、肝斑

日光性色素斑(老人性色素)

30代から徐々に出現する、いわゆる「シミ」です。

紫外線を主な原因として発生し、大小さまざまな形の

「輪郭のはっきりした茶色の色素斑」として現れます。

またお顔以外にも、手から肩など紫外線にあたる部位や

体のあらゆる部分に出現します。

 オススメの治療 ⇒ ライムライト、アキュチップ

 料金表へ

ライムライト、アキュチップについて

 

雀卵斑(ソバカス

思春期前後から目の下~鼻背にかけて、

直径3〜5mmの細かい茶色の色素斑として現れます。

遺伝的な要素が関係し、

白人(日本人であれば色白の方)に多いとされています。

 オススメの治療 ⇒ ライムライト、アキュチップ

 料金表へ

ライムライト、アキュチップについて

 

肝斑

20代後半~50代前半の日本人女性に多く見られる色素斑です。

シミが「輪郭のはっきりした色素斑」であるのに対して、

肝斑は頬や鼻の下に左右対象に「地図のようにぼんやりと」現れ、

広範囲に生じる場合もあります。

原因は①紫外線、②お肌の刺激、③女性ホルモン と言われており、

夏場(5月~9月)に濃くなる傾向にあります。

肝斑のタイプ

オススメの治療 ⇒ 肝斑治療薬、トーニング、スプリング

料金表へ

→ 院長ブログ 「肝斑(かんぱん)のお話 Vol.1」

→院長ブログ「肝斑(かんぱん)のお話Vol.2」

トーニングについて

スプリニングについて

 

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

額や頬・鼻翼部などに、左右対称に直径1~3 mmの灰色の色素斑が

いくつかまとまって出現します。

シミが茶色であるのに対してADMは灰色に見えるのは、

メラニン色素がシミよりも深いところにあるためです。

左右対称に現れるために肝斑と混同されがちですが別の症状です。

また遺伝性も高いとされますが、

加齢、紫外線、ホルモンバランスの崩れなどの影響が考えられています。

 オススメの治療 ⇒ トーニング、外用薬

 料金表へ

トーニングについて

 

くすみ(色素沈着)

お肌が擦れたり炎症が長期にわたると生じる、

薄くぼんやりとした色素斑です。

紫外線に当たる機会の多い方や、以前にアトピー性皮膚炎の治療歴のある方、

花粉症やコンタクトレンズ・メイク等で目の周りを擦る癖のある方に生じやすくなります。

目の下の「茶クマ」は色素沈着が原因です。

 オススメの治療 ⇒ 肝斑治療薬、トーニング、スプリング

料金表へ

トーニングについて

スプリングについて

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME